よくある質問

Voickでよくある質問をまとめています。


Voickにはどのようなレッスンがありますか

Voickのレッスンは、Voickの運営チームが作成した公式レッスンと、Voickのパートナーである講師(トレーナー)やアーティストが作成したレッスンがあります。

基本的なボイストレーニングや発展的なボイストレーニング、特定の歌の細かいレッスンまで、幅広いレッスンを追加していきます。


どのようにしてレッスンを受ければよいですか

レッスンには、無料のレッスンや有料のレッスンがあります。レッスンは、アプリのフッターの「特集」タブから探すことができます。

気になるレッスンがあれば「ダウンロード」ボタンからダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、フッターの「録音」タブの画面右上の「レッスン」ボタンより、ダウンロードしたレッスンを読み込むことができます。


レッスンに受講期限はありますか

ダウンロードしたレッスンに、受講期限はありません。


レッスンを開くことができません

通信状況などにより、正常にダウンロードが完了しなかった場合など、レッスンのデータが破損してしまう場合があります。「特集」タブより、レッスンを再度ダウンロードしてください。


ピッチ解析がされません

ピッチの解析は、一定以上の音量の音声に対して実施されます。十分な音量で発声してください。また、マイクの感度が低い場合は、「設定」タブの「マイクボリューム設定」より、マイクボリュームをあげることができます。


ピッチ解析が正しく行われません

Voickの音声解析処理は、以下の状況では正しく実施されない可能性があります。

  • 雑音の多い環境下での録音
  • 低い音程の解析
  • 高い音程の解析
  • 子音の解析
  • エッジボイスなど、特殊な発声法の解析

録音時、スピーカーの音が小さくなってしまう

iOSではハウリング防止のため、マイクを起動している時は、イヤースピーカー(電話で使用するスピーカー)から音が流れる仕組みになっています。そのため、マイクを起動している際は、音が極端に小さくなってしまいます。

この現象を防ぐため、また正確な解析を行うため、Voickではイヤフォンやヘッドフォンの使用を推奨しております。

一方、「設定」タブの「録音時、強制的にスピーカーから音声を再生する」をオンにすると、強制的に、通常のスピーカーから音を流すことができます。しかし、音声の録音精度、解析精度に影響が出る場合があり、推奨はしておりません(デフォルトではオフになっています)。


新しい端末にデータを引き継ぎたい

Voickのレッスンデータや保存した録音データは、端末のアプリ内に保存しております。

端末を切り替える際、Voickアプリのバックアップデータをそのまま新しい端末に移行した場合は、レッスンデータや保存した録音データをそのまま利用できます。

一方、アプリをストアから再インストールした場合など、端末のデータを移行していない場合はレッスンデータや保存した録音データを引き継ぐことはできません

ただし、同じアカウントでVoickにログインした場合は、レッスンの購入情報は保存されます。

購入済みのレッスンや、無料のレッスンは再度ダウンロードすることが可能です。レッスンは、「特集」タブより再度ダウンロードするようお願いいたします。


プレミアムレッスンを解約したい

プレミアムプランの自動更新停止の手続きをご希望の場合は、下記の手順で自動更新停止の手続きを行ってください。

※有効期限の2日前までに停止手続きを行ってください。

解約方法1

  1. iTunes & App Store」の「サブスクリプション」を開く
  2. Voick」を開く
  3. 登録をキャンセルする」または「サブスクリプションをキャンセルする」タップ

※解約処理が完了すると、「キャンセル」ボタンが表示されなくなります

解約方法2

  1. iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップ
  2. iTunes & App Store」をタップ
  3. 一番上にある「Apple ID:登録しているメールアドレス」をタップ
  4. ポップアップが出るので、「Apple IDを表示」をタップ
  5. iTunesアカウントのパスワードを求められるので入力
  6. 登録」または「サブスプリクション」をタップ
  7. Voick」をタップ
  8. 登録をキャンセルする」または「サブスプリクションをキャンセルする」をタップ

※解約処理が終了しますと、「キャンセルする」ボタンが表示されなくなります。