ロングトーンとは? 目安の長さと練習法、カラオケでの出し方を解説

                   
          
ロングトーンとは? 目安の長さと練習法、カラオケでの出し方を解説

「カラオケでロングトーンの判定がされない」「どうやったら長く震えずに声が出せるのか」「そもそも何秒くらい出せるといいの?」など、疑問をお持ちではないですか?

この記事では、ロングトーンの出し方から目安の長さ、練習方法まで具体的に紹介します。

ロングトーンとは

ロングトーンとは、声や音を安定して長く出し続けることをいいます。歌を歌う上で、ロングトーンを身につけるとさまざまなメリットがあります。

ロングトーンを身につけるメリット

ロングトーンを身につけて使いこなすと、次のような効果が生まれます。

  • 伸びがある発声ができ、歌に壮大な印象を与えられる
    ロングトーンが自在に操れるようになると、サビなど盛り上げたい箇所で曲に伸びを出すことができ、聴き手を引き込むことができます。
  • ロングトーン以外での声の不安定さがなくなり、音程感がよくなる
    ロングトーンを出すためには、正しい発声や、息の量のコントロールが必要です。それらが身につくと、結果的に歌声全体が安定するようになります。
  • ビブラートが安定する
    ビブラートは、音を上下させたり、肺活量をコントロールしたりする必要があります。ロングトーンで、正しい発声や息の量のコントロールができるようになることは、ビブラートの安定にも繋がります。
  • テクニックを組み合わせて、多様な歌い方ができる
    ロングトーンを基本としながら、ビブラートなど他のテクニックを組み合わせることで、歌手のような魅力的な表現をすることができます。

ロングトーンの目安の長さは何秒?

「ロングトーン」と聞くと、何秒くらいの発声をイメージするでしょうか? ここでは、目安となる秒数を紹介します。

秒数ロングトーンの評価
〜4秒短い
5〜9秒一般的
10〜14秒一般より少し長い
15〜19秒一般より長い
20〜29秒とても長い
30〜39秒素晴らしいロングトーン
40〜49秒驚きのロングトーン
50秒〜記録級

5〜9秒ほどのロングトーンは、比較的出しやすく一般的といえます。

ロングトーンを身につけて、歌の中で活用したいと考える場合は、15秒ほどを目安に練習するとよいでしょう。

ロングトーンを出すコツ

ロングトーンは、単に声を長く出せばよいというわけではありません。美しいロングトーンを出すには、次の3つのコツをおさえましょう。

ロングトーンのコツ①正しい発声をする

ロングトーンには、「正しい発声」が欠かせません。「正しい発声」をするためには、声帯を適切に閉じる必要があります。

「声帯を閉じる」とはどのような状態を指すのか、ここでは風船の例で説明していきます。

まず、空気をいっぱいに溜めた風船の「口」を握っているところをイメージしてください。「できるだけ長い時間、風船の中の空気を途切れることなく外に出し続けてください」と言われたら、あなたはどう対応しますか?

おそらく、一気に手を離してしまわず、口の部分を少しだけ開いて、調節しながら空気を出すのではないでしょうか。

空気を途切れさせてはいけないので、口を閉じすぎてはいけません。だからといって口を開きすぎると、中の空気がいっぺんに抜けてしまいます。

ロングトーン_風船

この、風船の口の開き具合を調節する状態が、「声帯を適切に閉じる」状態です。声帯を適切に閉じると、正しい発声ができ、綺麗なロングトーンが出しやすくなります。

ロングトーンのコツ②息の量を変えずに保つ

ロングトーンには、息の量のキープも欠かせません。コツ①に引き続き、風船の例で考えてみましょう。

先ほどと同様に、「空気をいっぱいに溜めた風船から、出来るだけ長い時間空気を出し続ける」ところをイメージをしてください。

空気を抜くとき、ちょうどよいと感じる風船の口の開き具合が見つかったら、そのままキープしますよね? 無闇に空気を出す量を増やしたり、減らしたりせず、一定に保てるように力を調節するかと思います。

ロングトーン_風船_息の量を保つ

これが、「息の量を変えずに保つ」状態です。またこのとき、最初に風船に溜め込む空気の量は、できるだけ多い方がよいと考えるでしょう。

はじめにできるだけ多くの空気を溜め込み、一定の量を保って排出する。この一連のコントロールを、自分の「肺」でも再現できるように、発声の際にイメージします。

ロングトーンのコツ③音程を揺らさない

3つ目のポイントは、「音程を揺らさない」ことです。

コツ①と②がきちんと身につけば、自然と音程も揺れにくくなります。声帯や息の量のコントロールが不安定なままでは、肺の中の呼吸が少なくなったときに、音程も不安定になりブレてしまうのです。

また、体が動くと息の量や音程がブレやすくなるため、動きを止めて発声するようにしましょう。

ロングトーンを鍛える練習方法

上記3つのコツを踏まえた、ロングトーンにおすすめの練習方法を紹介します。

正しい発声をするための練習

1つ目は、「正しい発声」を身につけるために、指定された音程と長さに合わせて「あー」と発声する練習方法です。

正しい発声をするための練習方法

  1. 決まった音程で、7秒間「あー」と声を出し続ける
  2. 徐々に音階を上げながら、7秒の発声を繰り返す

練習の際には、単に声を伸ばすだけではなく、風船の例を踏まえた安定した発声を目指しましょう。

以下は、日々の練習のためのレッスン動画です。(※参考音あり)

動画の緑のバーに合わせて、「あー」と7秒ずつ発声します。バーの最後まで声が安定して続くように、「声帯を適切に閉じる」ことを意識してください。

毎日1分間繰り返すうちに、徐々に声のブレが減っていくはずです。

腹式呼吸の練習

2つ目は、息の量を保つための、腹式呼吸の練習です。

呼吸の方法には、「腹式呼吸」と「胸式呼吸」があります。日中、私たちが行っている呼吸のほとんどは「胸式呼吸」です。それに対して「腹式呼吸」は、寝ている間に行うことの多い、横隔膜を大きく動かす呼吸を指します。

ビブラート_腹式呼吸1
横隔膜を大きく動かす「腹式呼吸」のイメージ図

ロングトーンでは、肺に空気を多く取り込み、量を調節しながら外に出し続ける必要があるので、「腹式呼吸」を鍛えることが重要です。

腹式呼吸の練習方法

  1. 背筋を伸ばして肩の力を抜き、息を全て吐き切る
  2. 鼻からゆっくりと息を吸い込む(3秒)
  3. 息を吸ったときの倍の長さで、口から全ての息を吐き出す(6秒)
  4. 2と3を繰り返す

この練習をするときには、肺や肩が動かないように注意しましょう。

腹式呼吸は、横隔膜を使った呼吸法です。お腹や腰など、ウエスト周りに空気を溜めるようなイメージで呼吸を行ってください。

ビブラート_腹式呼吸2

最初はお腹に手をあてたり、仰向けになって練習するのがおすすめです。

以下に、腹式呼吸のタイミング動画を添付したので、合わせて実践してみましょう。(参考音あり)

動画の緑のバー(3秒)に合わせて鼻から息を吸い、ピンクのバー(6秒)に合わせて口から息を吐き出します。自分のお腹周りが動いていることを確認しながら、呼吸を繰り返しましょう。

毎日1分間のトレーニングを続けると、横隔膜を使った深い呼吸が身についてきます。

声(息)を出し続ける練習

最後に、息の量や音程をキープできるように、一定の声を出し続けるトレーニングも行います。

決まった音を、途切れることなくできるだけ長く出し続ける練習です。他のトレーニングと合わせて、発声の秒数を徐々に伸ばせるように、日々チャレンジしてみてください。

声(息)を出し続ける練習方法

  1. 特定の音を、できるだけ長く出し続ける
  2. 安定して何秒出し続けられたか確認する

ボイストレーニングアプリ「Voick」を使うと、自分のロングトーンをリアルタイムで可視化することができます。アプリ内のフリーモードを使い、音程がブレていないかを青いバーで確認しながら、声を長く出してみましょう。

ロングトーンレッスン_フリーモード_voick

画面下の音量メーターで、声の強さも可視化できます。音程と一緒に確認し、安定した発声が何秒続けられるか、毎日チェックしてください。できるだけ少ないブレで、長い時間発声できるようになると理想的です。

【自分の声を可視化できる! ボイストレーニングアプリ「Voick」のダウンロードはこちら

補足:高音でもロングトーンを震えずに出すには?

高い音になるほど、ロングトーンが出しづらいと感じる人もいるでしょう。

高音でのロングトーンで声が震えてしまう場合は、息の量が安定していない可能性が高いです。

高音域では、声帯の閉じや呼吸のコントロールが難しくなります。声帯の閉じや呼吸のコントロールが不安定だと、ロングトーンにチャレンジしても声が震えてしまいます。

その場合は、「そもそもその音を、ロングトーンではなく短い音でも出せるのか」確認してみてください。短い音でも出しづらい場合は、まずその音の高さが出せるように、音域の拡張トレーニングをする必要があります。

ロングトーン自体を身につけたいと考えている場合は、無理に高音で練習するのではなく、自分が余裕を持って出せる音程でトレーニングするとよいでしょう。

ロングトーンが活用されている曲

ここでは、ロングトーンが活用されている楽曲を紹介します。

Superfly / 愛をこめて花束を(参考 1:48〜)

女性のロングトーンの例です。

スピッツ / 楓(参考 1:28〜)

男性の高い音程でのロングトーンの例です。

L’Arc~en~Ciel / HONEY(参考 1:40〜)

裏声でのロングトーンの例です。

絢香 / 三日月(参考 1:20〜)

サビでロングトーンが活用されている例です。

ロングトーンとビブラートの組み合わせ

ロングトーンは、メロディの最後に入れるケースが多い技法です。メロディの終わり方は歌い手によってさまざまですが、代表的なものには以下の3種類があります。

メロディの終わり方の代表的な例

  1. 最初から最後まで音をまっすぐ伸ばす
  2. 最初から最後までビブラートをかける
  3. 最初はまっすぐ伸ばし、後半でビブラートをかける

歌手の中には3のように、最初は音をまっすぐ伸ばし、最後にビブラートをかけて歌に深みを出す人もいます。真似してみたいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかしビブラートは、横隔膜や声帯のコントロールができないと綺麗に出すことができません

まずは、1のまっすぐ伸ばすロングトーンを習得してから、2や3にチャレンジすると、ビブラート部分も安定しやすくなります。

3の場合は、ビブラートを出す・出さないのコントロールも必要です。以下の記事も参考に、ビブラートの練習に取り組んでみてください。

カラオケでロングトーンの判定を出すには

カラオケの採点機能にも、ロングトーンの判定があります。カラオケの採点で高得点を目指すには、音程やリズムだけでなく、ロングトーンのような表現力も必要です。

ロングトーンの採点は、正しい音程で、安定した発声がキープできているかにより判定がなされます。そのためカラオケでもやはり、

  • 正しい発声をする
  • 息の量を変えずに保つ
  • 音程を揺らさない

3つのコツが重要といえるでしょう。

この3つは、1日で身に付くものではありません。日々のトレーニングによって強化されるので、欠かさず練習を続けてください。

まとめ:ロングトーンのコツを抑えて、歌声の幅を広げよう

ロングトーンを身につけるには、声帯を適切に閉じることによる「正しい発声」や、「息の量のコントロール」が欠かせません。これらを駆使するためには日々のトレーニングが欠かせませんが、習得できれば表現の幅をぐっと広げることができます。

1日数分の積み重ねが成果につながるので、ぜひチャレンジしてみてください!

▶︎自分の声をリアルタイムで可視化!最適なトレーニングが一人でできる|ボイストレーニングアプリ「Voick」

application_download_banner1