腹式呼吸で歌が上手くなる!簡単なやり方やメリット・練習法を解説

                   
          
腹式呼吸で歌が上手くなる!簡単なやり方やメリット・練習法を解説

歌が上手くなるためには、「腹式呼吸」が大切だという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。実際に、ボイストレーニングの教室などでも、腹式呼吸を推奨しているところは多くあります。

しかし、腹式呼吸とは具体的にどのようなものなのか、また、どんなやり方で歌に活かすとよいのか、わからない方もいらっしゃるでしょう。そこで本記事では、歌における腹式呼吸のメリットやコツ、簡単なトレーニング方法をご紹介します。

腹式呼吸とは

腹式呼吸とは、横隔膜を使った深い呼吸を指します。胸式呼吸との違いや、メリット・デメリットは次の通りです。

胸式呼吸と腹式呼吸の違い

呼吸のやり方には、「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2つがあります。

普段私たちが日中に行っている浅い呼吸を、「胸式呼吸」と言います。それに対して、リラックスして寝ているときに行う深い呼吸が、「腹式呼吸」です。

「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の大きな違いは、空気を取り込むときに動かす筋肉にあります。

「胸式呼吸」はその名の通り、胸のあたりにある筋肉(肋間筋)を使って行う呼吸です。大きく息を吸ったり吐いたりしたときに、肩が上下するときは、胸式呼吸を行っていると考えてよいでしょう。

一方「腹式呼吸」は、肺の下にある横隔膜という筋肉を動かす呼吸です。息を吸うときに横隔膜を下げるので、肺の広がるスペースが大きくなり、その分取り込む空気の量も多くなります。

胸式呼吸腹式呼吸
普段の呼吸のタイミング日中行う就寝時に行う
呼吸時に使う筋肉主に肋間筋主に横隔膜
取り入れる空気の量少ない多い

腹式呼吸の効果と歌うときのメリット

腹式呼吸の最大のメリットは、胸式呼吸に比べて、歌う際の呼吸のコントロールが圧倒的にしやすいことです。

そもそも歌声とは、次のような流れで生まれます。

【呼吸により声帯に空気を送る → 声帯が振動する → 歌声になる】

そのため、歌声の源である「呼吸」のコントロールは、歌の上達において非常に重要です。腹式呼吸を身につけ、呼吸をコントロールできるようになることで、以下のようなメリットが生まれます。

腹式呼吸を歌に取り入れるメリット

  • 長いフレーズでも一息で歌えるようになる
  • 大きな歌声が出せるようになる
  • 音程がブレにくくなる
  • 歌の強弱がつけやすくなる

関連記事:歌声の生成の仕組み

腹式呼吸で歌うデメリット

腹式呼吸は、ボイストレーニングの基礎として有名です。しかし近年では、「歌うときに腹式呼吸はいらない」という声もあがっています。

その主な理由は、腹式呼吸を無理に意識するあまり、歌うときに体に力が入ってしまうケースがあるからです。

自然に腹式呼吸ができれば問題ありませんが、普段のトレーニングを怠ったまま、無理に腹式呼吸をしながら歌おうとすると、逆効果になることがあるので注意しましょう。 まずは、自然な腹式呼吸を身につけるためのトレーニングから始めるのがおすすめです。

歌が上手くなる腹式呼吸のやり方

横隔膜を正しく動かす感覚をつかむために、腹式呼吸では次のコツをおさえましょう。

腹式呼吸のやり方・コツ

  • 最初に肺の空気を全て吐き切る
  • 鼻から息を吸い、口から息を吐く
  • 肩を動かさない
  • お腹や腰周りに空気を取り込むイメージで呼吸する (自分のお腹に手を当てて、動きを確認するとわかりやすい)
  • 難しい場合は、仰向けに寝ながら呼吸してみる

歌で腹式呼吸を使う際は、必ずしも鼻から息を吸う必要はありません。口から息を吸って腹式呼吸をするケースも多くあります。ただ、腹式呼吸の感覚をつかむためには、まずは鼻から吸って口から吐く練習をするのがおすすめです。

次の章でトレーニング方法も紹介しますので、イラストの動きを踏まえながら実践してみてください。

1分で簡単!腹式呼吸のトレーニング方法

腹式呼吸を歌の中で自然に使えるようにするには、腹式呼吸の感覚をつかむための、日々のトレーニングが必要です。

毎日1分の簡単な練習を繰り返すことで、徐々に横隔膜を使った呼吸に慣れていきます。トレーニングメニューに沿って、さっそく練習してみましょう。

腹式呼吸のトレーニング方法

  1. 背筋を伸ばして肩の力を抜き、息を全て吐き切る
  2. 鼻からゆっくりと息を吸い込む(3秒)
  3. 息を吸った時の倍の長さで、口から全ての息を吐き出す(6秒)
  4. 2と3を繰り返す

このとき、肩が動かないように注意しながら進めてください。

お腹に手を当てながら、お腹や腰周りに空気を溜め込むイメージで呼吸すると、横隔膜の動きを感じやすいでしょう。

以下に呼吸のタイミングを示した動画を添付したので、リズムに合わせて呼吸を繰り返してみてください。(※リズム音あり)

緑のバー(3秒)に合わせて鼻から息を吸い込み、ピンクのバー(6秒)に合わせて口から息を吐きます。初めは5回ほど呼吸を繰り返し、日を追うごとに回数を増やすのがおすすめです。

歌うときに腹式呼吸が上手くできない場合は

腹式呼吸の練習をしても、いざ歌うとなると、上手く取り入れられないというケースもあるでしょう。ここでは、歌で腹式呼吸を活かすコツや、腹式呼吸ができているかの確認方法を紹介します。

歌うときに腹式呼吸を実践するためのコツ

腹式呼吸を歌で使うには、息を吸う速さも大切です。ここまで腹式呼吸の感覚をつかむために、鼻からゆっくり息を吸う練習を紹介しました。しかし実際に歌で使うには、より早い呼吸が必要になります。

呼吸をするときに、息を全て吐き切ると、その直後には反動で自然にスッと息が吸えるかと思います。それと同じ感覚を、歌うときに再現できるように意識しましょう。

歌っている最中に、息を全て吐き切ることはほとんどないかと思いますが、息を吐き切らずとも、息をスッと吸えることが大切です。これができるようになると、歌の中で自然と腹式呼吸が使えるようになります。

腹式呼吸を意識しすぎて、無理にお腹を膨らませながら息を吸おうとすると、お腹に力が入り本末転倒です。自然に腹式呼吸できるように、普段から繰り返し練習しておきましょう。

歌うときに腹式呼吸ができているか確認する方法

そもそも、自分が腹式呼吸を歌の中に上手く取り入れられているか、わからないという人もいるでしょう。

腹式呼吸の確認方法はいくつかありますが、次の点ができるようになると、上手く取り入れられている可能性が高いです。

腹式呼吸ができているかわからないときに確認するポイント

  • 長いフレーズを一息で発声できるか
    腹式呼吸ができると、長いフレーズを一息で歌えるようになります。また、同じ音を長く伸ばす「ロングトーン」も、安定して出せるようになるでしょう。

  • 安定したウィスパーボイスが出せるか
    最近のJポップでは、「ウィスパーボイス」と呼ばれる、ささやき声の発声を取り入れた曲が増えています。ウィスパーボイスは、息の漏れる量が多い発声方法です。腹式呼吸ができると、安定した歌声で長くウィスパーボイスが出せるようになります。

これらが実感できない場合は、自然な腹式呼吸が身についていないかもしれません。引き続きトレーニングを行いましょう。

関連記事:ロングトーンとは? 目安の長さと練習法、カラオケでの出し方を解説

カラオケで歌うときの腹式呼吸

カラオケにおいても、腹式呼吸を活かして歌うことができると、表現の幅が広がり、採点の点数も上がりやすくなります。

カラオケで腹式呼吸を取り入れる効果

腹式呼吸をカラオケで活用することで、期待できる代表的な効果は次の通りです。

カラオケで腹式呼吸を取り入れる効果

  • 呼吸量が安定するため、歌声が安定し、伸びやかになる
  • どんなフレーズでも一息で歌えるようになる
  • 声が小さいなどの課題が改善される
  • 抑揚、しゃくり、こぶし、フォールなど、採点機能で求められる「表現力」の要素がコントロールしやすくなる
  • ロングトーンが安定する
  • 綺麗なビブラートが出せるようになる

腹式呼吸が自然にできるようになったら、ぜひカラオケで歌うときにも取り入れてみてください。

関連記事:ビブラート徹底解説!出し方と練習法を種類別に紹介

腹式呼吸を自然に使えるように練習して、歌声のレベルを上げよう!

腹式呼吸を自然に使えるようになると、歌声の根幹となる呼吸のコントロールがしやすくなります。呼吸のコントロールができると、歌声が安定したり、表現の幅が広がるなど、メリットが豊富です。

腹式呼吸を歌の中で自然に活用するには、継続したトレーニングが必要になります。1日1分の簡単な練習で身につけることができるので、ぜひチャレンジして、歌ウマを目指しましょう!

ボイストレーニングアプリ「Voick」を使うと、毎日のトレーニングを自分1人で行うことができます

自分の声をリアルタイムで可視化することも可能です!自分の歌声の状況や成長を確認しながら、さっそく練習してみませんか?

▶︎最適なトレーニングが自分1人でできる|ボイストレーニングアプリ「Voick」

application_download_banner1